日本一の米どころ南魚沼
安心安全で高品質なお米

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2024/06/20 17:34

2022年に就労支援事業を開始したどろんこ会グループ。就労支援つむぎ 武蔵野ルームの利用者の方は、同ルームが運営するTSUMUGI CAFE 武蔵野(東京都西東京市)でスパイスカリーの調理や自家焙煎珈琲の提供など、経験とスキルを積み上げてきました。

その利用者の方の実地トレーニングの場所として活用できるよう、また、飲食店への就労希望者にとっての雇用先ともなるよう、昼はスパイスカリー、夜はお酒も提供する飲食店を2024年7月1日、株式会社南魚沼生産組合の事業の一つとして渋谷駅前にオープンすることとなりました。その名も「スナックつむぎ」です。
スパイスカリーの湧きたつ香りをイメージしたロゴ。完成間近の店内を確認する安永理事長と高堀代表


銭湯、駄菓子屋、スナックを日本の大切な文化として残したい


渋谷駅前という好立地に出合えたのは、安永理事長と高堀代表がたまたま立ち寄ったスナックが閉店するという話を聞いたことがきっかけです。
2人は保育園でも活動に取り入れている銭湯、昔ながらの駄菓子屋、そしてスナックは昔から日本にある大切な文化として残したいと常々考えていました。オーナーの高齢化などで失われつつあるこの文化を守るためにも、リノベーションをして引き継ぐことを決意しました。
スナックは地域のコミュニティでもあり、さまざまな人が交わるコミュニケーションの場でもあります。どろんこ会グループは保育においても「人対人コミュニケーション」を大切にしています。スナックつむぎが地域のコミュニケーションの場となるよう、また立地的にどろんこ会グループの本社にも近いため、スタッフの懇親の場にも活用してもらえるような福利厚生の一環としても考えています。


東京で南魚沼の恵みを 人も食も仕事も循環


ランチで提供するスパイスカリーはTSUMUGI CAFE 武蔵野で提供しているものと同じで、自家焙煎珈琲もお楽しみいただけます。

TSUMUGI CAFE 武蔵野で提供しているスパイスカリー


ここで提供する料理に使うお米は全て、南魚沼生産組合が新潟県南魚沼市で丹精込めて減農薬で栽培、収穫したものです。保育園の給食米にも使われており、子どもたちも田植えや稲刈りに参加しています。
夜は南魚沼産の地ビールも提供します。南魚沼生産組合では新たにホップの生産に着手、醸造所も立ち上げ、生産に取り組み始めました。

南魚沼市の中山間地の田んぼで減農薬栽培に取り組む


どろんこ会グループではこれまでも南魚沼の中山間地の耕作放棄地を引き受け農業の維持、新規就農者の雇用、園児の田植え・稲刈りツアーの実施などで地元経済の活性化に貢献してきましたが、スナックつむぎは南魚沼と東京のつながりを感じながら南魚沼の恵みを存分に味わい、持続可能な農業を推進する場ともなります。

どろんこ会グループは「人も食も仕事も循環し、全ての人が生きる力をもって、よく生きられる社会を創る」ことを目指しています。スナックつむぎもその循環のハブの一つとなります。ぜひ一度足をお運びください。

【概要】
店舗名:スナックつむぎ
住所:渋谷区道玄坂1−6−2 渋谷ファイブビルB1階
営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)/スナック19:00~24:00
定休日:土・日・祝日